ツルボ

  • 2014.09.22 Monday
  • 23:29
2014092223280000.jpg
ヒガンバナの咲く頃ツルボも咲く。一面ヒガンバナのところがある。夏の大雨のあと荒れていて大丈夫か気になっていた。やっぱり去年と違った。
目立たないはずのツルボが沢山咲いていた。

草花でも毎年同じようにはならないね

9月の連休

  • 2014.09.17 Wednesday
  • 12:47
いつもより早く咲いたヒガンバナの話を聞いて、お墓参りだと決めていた。

はじめが敬老の日で次が秋分の日だった。
敬老の日も自身他人事ではなく、お声がけいただいて参加するようになるだろうがまだまだ人生の先輩方がいて心強い。

早めのヒガンバナを確認して来週ですね、秋分の日。

サルスベリ

  • 2014.09.10 Wednesday
  • 22:30
2014091022290000.jpg
何週間か前から咲いている。枝が肩に触れ[そうでしたね、まだ美しさは変わりませんね。]と、サルスベリの花を見た。少し歩くと、花びらが足元に落ちた。カバンに入れて帰った。

古木のサルスベリにはヒャクジャコウの名前がふさわしいかなと、頭のなかで名前の変更手続きをした。

ニラの花

  • 2014.09.04 Thursday
  • 00:13
2014090400130000.jpg
雨の多い土日の夏だった。しっかり時間が流れいく。ニラの白い花が綺麗だ。いつの間にか準備していた。しかしこのままではいられない、次の準備が始まっている。

[始めてますか]と自分確認をした。

クズ葛

  • 2014.08.26 Tuesday
  • 23:27
2014082613060000.jpg
芙蓉の花が咲いて、空は秋の雲。
クズの花に気付くことなく通り過ぎるところだった。甘い香りに虫達が忙しくしていて、葉っぱの奥の花に目を向けた。
お盆送りにキュウリ、ナスの馬、牛の乗り物にお土産を持たせる。塩、味噌をクズの葉っぱに包み牛馬の背に乗せた。
すぐお彼岸だ。暖色系の秋の七草、ビロードの花弁のクズの花を眺める。

キツネノカミソリ

  • 2014.08.19 Tuesday
  • 08:31
2014081908300000.jpg
歩け歩け集団がやって来てけっこうな速いペースで過ぎ去って行く。
ゆっくりと草花を見ることもない速度だが、しゃがみこむす私を見て[ヒガンバナかな?]と声がかかる。[キツネノカミソリです]誇らしそうに声を送り反した。
去年は私もそう思ったんだけど、という会話もなく、次の集団が過ぎ来て[あれはキツネノカミソリよ!]の声残して去って行った。
先週気配の無かった花が咲いて、次は別の花が声をかけられる

台風

  • 2014.08.10 Sunday
  • 09:25
2014081009230000.jpg
台風は秋の季語、赤トンボも見つけた。夏だろうと言いいたいところ立秋が過ぎて、空模様もイワシ雲。

散歩途中の桜の木がなんと出番を待つダンサーのよう、草刈で踊りでて、夏を惜しんで踊っているのかな!

大和セミ大にぎわい

  • 2014.08.02 Saturday
  • 11:37
2014080211370000.jpg
どれだけのセミが鳴いているのか、泣き方様々だ。先週とは違う。来週はどんなだ。去年と比べてどうか?
比べて感じるものも多い。

散歩途中の公園で先週はアリを見ていた、音の無い中で、私がこぼした米粒を運んでいた。
幼い昔一人飽きるまでアリを見ていたことを思い出した。あの頃もいろいろなアリがいたこと、[アリさんとアリさんがコツンコ]の歌にはまって、歌っていた。

セミに負けないで歌いますかね!

ミズヒキの花が咲いて、何かおめでたい気持ちにもなっています。
あっちむいてチョンチョンこっちむいつチョンチョン

ヤブラン

  • 2014.07.30 Wednesday
  • 22:53
2014073022520000.jpg
地面に穴が開き、あちこちにセミの脱け殻がぶら下がった草木が目につく。セミは鳴いていない。脱け殻では無いのかと、よく見てしまった。今度歩くときは鳴いて騒がしいだろうと思う。

ヤブランが咲いている、秋は黒く実り立派になるけど藪にあるからヤブランらしい。紫君子蘭はみどりの実を付けているが、秋はどんな実りか記憶にない。

過ぎてしまった!

  • 2014.07.25 Friday
  • 14:41
2014072514400000.jpg
今まで週に1回の書き込みをした。摘んだ草花は、家に持ち帰り枯れる前に対応しないといけない。大地に根付き咲草花はつい安心してしまう。

下刈りが済んだ土手のたんぽぽが咲いていた。[何か私咲いていますが、遅くなってすみません!今ごろ喜んでいただけませんよね?]と遠慮がちに思えた。


このたんぽぽを見てあっという間の一週間。梅雨が明け、暑さの日々です。